省電力スイッチングハブなど
1000BASE-Tが登場してすぐに、我が家はギガビットスイッチングハブを導入しました。
なので、かなり古いんです。
PC雑誌を読んでいましたら、最近のハブは省電力化が進み、特に、データが流れていない待機時において格段に消費電力が減っていると知り、ならば、変えてみましょうということで。
これまで使用していたものは、普段触っても「明らかに熱い(発熱している)」代物でしたので、効果に期待です。

いくら中の人がPCを使う時間が長いと申しましても、実はほとんどの時間在宅していないワケでして、地味に節電に効くのではないかな?と思っております。

あと、玄関用にLED電球(近くの量販店では品切れしておりまして、なんと予約 (^^;))も購入。
入居時についていた100W白熱電球と交換です。
「点灯時間が短い玄関は効果が少ない」と言われますが、なら、玄関の明かりを活用する方向で、照明を使い分ければいいぢゃん、と。

そんな感じで。