E-PL7
Nikon Digital Live 2014の帰りに、ヨドバシカメラマルチメディア梅田に寄りまして、先週発売となったばかりのE-PL7をお触りしてきました。

マイクロフォーサーズはシステム全体が小型軽量ですむため、中の人もポストマンバッグへついでに忍び込ませるのに便利に使ってはいます。
でも、PENの特長は、小ささよりもアートフィルターででしょう。
ココに関して、これまでのE-PL系は処理回路の能力不足があって、アートフィルターモードに入ってカメラを左右に振ると、背面液晶の画像がカクつき(滑らかに動かない)、多少のいらつきを伴いました。
上位のE-P系ではここが滑らかになるように処理系が奢られていまして、両者には明らかな格差が存在していたのです。

しかし!
E-PL7では、上記の課題がクリアされているのですよ。
E-P5相当の軽快な処理により、アートフィルターモードが俄然扱いやすくなっています。
E-P5より小型,価格は安く、画質もE-P5よりちょっといい(らしい)E-PL7は、五軸手振れ補正を必要としないのなら、誠に地味ではありますが、現実的な普段使いカメラとして、選択肢に入って来ます。

いや、ここに来て、欲しいカメラが立て続けに発売されてまして、うれし涙が止まりません (T^T)
さて、三次元嫁さまに、D750とE-PL7両方欲しいと、どう説明致しましょうか?


...え?OM-Dはどうなんだ、ですって?
アレは、ミラーつきカメラと営業上戦うために生まれたあだ花だと、中の人は思っています。