okamejpn

絶対オカメインコ主義っ!(旧:片福面八目亭ブログPLUS)

オカメインコ関係の話題などを淡々と書いていきます。過度な期待はしないで下さい。

カメラ

4 Feb

PENTAX K-01海外発表

K-01
一眼レフのKマウントを採用したミラーレスカメラ。
デジタル一眼レフとレンズシステムを共用できると、外へ撮りに行く場合荷物が減らせます。
一年早く出ていたら、E-PL1など買わなくて済んだのになぁ。
ミラーレスカメラが良いのは、撮される側が「カメラで撮られている感じがしない」ところなんですよ。
二番目が、風景など動かない被写体でピントを合わせ込みやすい点。
マイクロフォーサーズが小型軽量ってのは、その次にくるくらいポイントです。

あと、マイクロフォーサーズは、撮像素子がパナソニックのLiveMOS一択でして、コイツが暗い場所の撮影に弱いのも問題。
APS-Cならば、その辺も余裕あるでしょうから...
E-PL1はそこそこ活用しましたが、これは悔しいなぁ。
K-01、誘惑に負けて購入してしまう「かも」知れません。
1 Oct

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6

ZUIKO_DIGITAL_ED_40-150mm
ええー、ガマンできずに購入してしまいました orz
そもそもE-PL1を買ったとき、「ミラーレスカメラなんてお遊び」,「使っていないのに毛嫌いするのは人の道に反する」との言い訳がありました。
まあ、あまり、機材に関して、重く見ていなかったのですね。
しかし、件の、オオサカオータムフェスト。
どうせ酔っ払うので、持ち込むのはE-PL1でいいやと割り切ったのですが、

オータムフェスト・ステージ
ステージで歌うお姉様に、標準ズームでは寄れませんで、中途半端な写真が精一杯。
と言うか、おじさん、入っちゃいけないところでしょ、そこ邪魔。

これは、悔しい。
望遠ズームも一本あったらいいかな?と思っていましたところ、Amazonでデザイン変更前(性能は一緒)のこのレンズが5割引!だったため、つい押さえてしまいましたとさ。

マイクロフォーサーズのカメラ関係は、このように値崩れが激しいことで知られていますけれど、メーカーはどのようにして事業を成立させているのでしょうね?
疑問に思うところもありますです...
23 Jul

意外と「使える」ミラーレスE-P3

E-P3
街中に出る用事があったので、ついでに昨日発売となったオリンパスE-P3のデモ機を触ってきました。

「世界最速AF」のミラーレスカメラって言う謳い文句は、眉唾物です。
他社の平均的な一眼レフと大差ないです、あくまでミラーレスとしての話。
また、簡単に連射ができなくなってしまう(動物撮影には不利)なところもありまして、オカメインコ撮影などには「うーん」とまだ迷うレベルではあります。
でも、ちょっとしたことですが、シーンモードに切り替えると液晶に映る「撮影されるはずの画像」がワンテンポ遅れて出るなどといった、使い込んでいると気づく細かな不満は大方解消されています。
スナップからアマチュアレベルの物撮りまでなら、十分にこなしてくれるでしょう。

マイクロフォーサーズですので、交換レンズの価格が財布に優しいところもポイントですね。
E-PL1を持っている中の人には、「今すぐは必要ないけれど、値崩れしたら欲しいカメラの第一候補」となりました。

カメラ増やし過ぎや、ちゅーねん。
17 Jul

マイクロフォーサーズ

E-PL1
当ダイアリーでたまに使う正方形の写真は、春先に捨て値で購入したE-PL1で撮ったものだったりします。
鞄にPENTAXのK-rやK200Dを入れるのは鬱陶しいけれど、少し良い画質は欲しいなと思うときに使っています。

ただ、レンズが17mm/f2.8(35mm相当)一本のみでしたので、工夫をしても制限を受け、被写体を捉えられないことも多くもどかしい思いをしていましたので、ヤフオクで14-42mm/f3.5-5.6 II を落札してしまいました (^^;)
乱暴な書き方をしますと、Micro Four Thirdsのカメラはコンパクトデジカメと同じ仕組みですので、鳥など動くものは苦手、スナップ用に限定されますので、お金はかけられませんw

しかし、このE-PL1の写真、手持ち1/25秒。
おいらも、がんばればできる子ぢゃないすか。
オカメインコばかり撮っていると、ぶれまくった写真が量産されるので(鳥が動きますので)、へこんでいましたが、ちょっと持ち直しました。
17 Feb

PENTAX K-5オーナーズブック

K-5オーナーズブック
K-5の値段に手が届かず断念したクセに、購入してしまいました (^^;)
だって、ペンタックスのカメラって、ムック本の出る数が少ないのですもの。
そんなことで、K-rオーナーからも支援の一票を!

発刊の英断をした、「カメラマン」誌を全面的に応援します。
「カメラマン」誌は、毎月購入しているのですけれど、ね。
17 Dec

DA35mmF2.8 Macro Limited

オカメインコ・ノーマル・手乗り
少し前に、IYH!した中に、DA35mmF2.8 Macro Limitedというレンズがありましたが、こんな風にオカメインコが手に乗っているところを撮るため(だけではないけれど)に買ったんですねぇ (^^;)
他のレンズでは、手に乗っているところを寄って撮りにくいですので。

ただ、レンズは軽いのですけれど、カメラの方がそこそこ重量があるので、右手でカメラ手持ち,左手にオカメインコを乗せて撮るのは、予想以上に難易度高かったです。

そうは言いつつも、今後は、できる限り、里親様募集の写真には、こんなのを入れていこうと思っています。
そして、このノーマル君は、里親様を募集しております(宣伝)。
他の写真は、ホームページの「里親様募集」タブから!
7 Dec

PENTAX K-r 稼働

ホワイトフェイスレセッシヴシルバーパール
やっと、購入したK-rで写真を撮ってみまーした。
やべっ、今まで使っていたレンズでも、ピントが合うのが超速い!
ISO感度1600が常用できますので、室内でも絞りを決めつつ、早めのスピードでシャッターが切れる!
だから、オカメインコのように細かな動きをする被写体でも、被写体ぶれする確率が少ないっす。

それと、これがポイント!
レセッシヴシルバーの赤目が、きちんと赤目っぽく撮れます。
オカメインコ撮影に、最適といえるかな?
写真をクリックすると、ちょっと大きくなりますので、赤目の再現度を確認してみて下さいね。
23 Nov

IYH!

PENTAX-K-r
K-5にするか悩みましたが、PENTAX K-r ダブルズームキットを購入しました。
色つきにすると納期がかかるため、おとなしめの黒です。
ダブルズームにしたのは、DA55-300mm F4-5.8EDも欲しかったので、別々に購入するより、キットのの方が安いからですね。
(キット用レンズは、正確には別売品より劣るところもあるのですけれど)
合わせてDA 35mm F2.8 Macro Limitedも購入しました。
合計金額ではK-5を入手するのと同じくらいになってしまうのですけれど、レンズは資産として残りますので。

*istD(我慢)→*istDS(購入)→*istDS2(我慢)→K100D(我慢)→K100D Super(我慢)→K200D(購入)→K-m(我慢)→K-x(我慢)→K-r(購入)

こんな感じですので、まあ、許してもらえますよね!

このセットで、我が家でオカメインコの写真を撮影する場合の想定されるメリット
・K-rのおかげで、天気が曇りで部屋の中が暗い時でも写真が撮れます
・DA35mm F2.8 Macro Limitedのおかげで、手に乗っている写真が撮れます
です、です。
10 Sep

PENTAX K-r 発表

K-r
先に発表されたキヤノンのEOS 60Dの仕様を見て、レンズの資産はあるもののペンタックスを諦めようか?と思案していたところに、昨日、発表来ました!
  • 拡張でISO25600(ベース感度200)の高感度
  • 毎秒6枚/秒の高速連写可能
  • オートフォーカスを刷新し、ピント合わせが速く
これらの内容が前の機種(K-x)から強化されていれば、自宅でのオカメインコ撮影用には十分です。
中の人は写真家ではありませんから、1200万画素あればお腹いっぱい、キヤノンの1800万画素はオーバースペック。

実際、今、オカメインコ里親様募集の写真撮影の際に使用している一眼レフデジカメは、たった600万画素(*istDs)だったりします。

あとは、いつ、どこで、資金を捻出するかだな(ぼそ。
1 Sep

EOS 7D

EOS_7D
ペンタックスのユーザーのため、キヤノンのことをどーたらこーたら言いたくはないのですが、撮像素子がAPS-Cサイズ(EOS 5DmkIIの約半分の面積)のカメラに、一桁の品番をつけて来るとは思いませんでした。
順当にEOD 70Dだと思ったのですが。
EOS 5D系列の立場や如何に?

直接僕には関係ないのですけれどね (^^;)
Kマウントのレンズ資産もありますし、EOS 7Dは20万円弱と高いんだもの。

誤解を招くといけないので補足しますが、スペックは価格相応のものがあります。
撮影者の腕がついて行けるかですね。
記事検索
Recent Comments
Archives
アクセスカウント

ジオターゲティング
page rank
ページランク
twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ