okamejpn

絶対オカメインコ主義っ!(旧:片福面八目亭ブログPLUS)

オカメインコ関係の話題などを淡々と書いていきます。過度な期待はしないで下さい。

オカメインコ繁殖2007

14 Dec

大物“新人”投入。

 “”で括っている通り、オカメインコではなく、その餌。
 従来、種餌はキクスイさんの(L)サイズ(2,100g)×7袋/月くらいの量で使用していたのけれど、量的にアブナイ気配がしてきたので、今回より一回の発注を(LL)サイズ(5,000g)×4袋に変更。
 多分、これでも、痛まないうちに使用しきれると思うのだ。

 アレも,コレも、我が家の鳥口が増加しているためなのだが、まぁ、仕方がない。

 しかし、5,000g の袋は、本当に重いなw
 運ぶ宅配便の方も、大変なのだ。


 オカメインコの雛だが、最後の一羽の挿餌が切れた模様(多分)。
 数日様子を見て、体重が維持できれば、完了かな。

 里親様募集に関しては、しばらくしてからまとめると言うか、もうこれ以降寒くて陸送は無理なので、慌てず騒がずいくと思う。
 シナモンパール / pd は、体重は維持できてるのだけれど、飼い主的には、もう少しガッツリ餌を食べて欲しいので、里親様募集は保留している。
 悪しからず。
3 Dec

ぐるぐる回る。

 秋孵化の雛も相当数がケージの方に移っていき、プラケースに残っているのは四羽のみになった。
 まだ、この辺には、朝晩 10g 前後の挿餌をしているのだけれど、まだ餌をねだりたいらしく、ケースを鳥部屋から挿餌会場へ移動すると、雛たちがケースの中でぐるぐる回り出す
 その様子が、バスケットボールのカール(スローインする際、ボールを受け取るために、ぐるぐる回ること)に似ていて、つい笑ってしまう。

 こいつらも、普段でもケースの中で暴れている状態になっているので、ケージに移しても良いのだけれど、とにかくケージが満杯。

 と、言うことで、下の方の里親様募集、絶賛受付ちうです。
 まだ、どなたからもコンタクトがありません‥。

 絶望した
2 Dec

ルチノー??

6d659799.jpg
 “鳥多い病”なのにもかかわらず、新しい子を昨日お迎えしてしまったのである。

 さぁ、何でしょう?
 オカメインコなのは明らかですな(。_・☆\ バキ

 お迎えしたばかりの子を blog に載せるのは珍しいけれど、写真を撮るついでがあったので(って、ついでがなければ撮らないんかい?(そうだけれど))。


 それは、置いておいて。
 オカメインコ雛の挿餌は、だいぶ落ち着いてきた。
 一日 200g 溶かしていると嘆いていた日がウソのよう。
 今は、40g 程度に落ち着いてます。

 焦って購入した業務用フォーミュラが、かなりあまってしまいそう。
 一気に多くの雛に挿し餌をする場合、効率的に消費されるんやね。
 実感。
25 Nov

暖房入れた(鳥部屋のみ)。

 プラケースからケージに移した雛からの強い要請(だって、膨らんで密集しているのだもの)により、鳥部屋の暖房を稼働。

 本来なら,本来なら(敢えて強調)12月まで粘るのが恒例なのだけれど、たくさん生まれている雛たちの体調(風邪をひくと長引くしね)を考慮すると、ケチっていられないからね!

 雛のうち、年長さん組は一人餌になりかかっているけれど、コレは我が家残留確定が殆どで。
 里親様募集は、ほんの僅かだけれど先になると思う。
 12月になるかならないかくらいやね。

 その時は、よろしくお願いします。
24 Nov

シナモンパール軍団。

0a2736c8.jpg
 今年の秋雛の写真第三陣っす。

 別にシナモンパールな雛を集めて写真を撮ろうと思ったのではなく、巣箱から出すのが遅かったのが、たまたまシナモンパールだっただけ。

 シナモンパールとか,シナモンパールパイドとか,シナモンパール / パイドとか、いろんなのが混じっている。

 三つのペアから生まれている五羽だけれど、一羽は我が家のシナモン系と完全に異血の配合なので残留確定。
 残り四羽のうち二羽は、性別鑑定へ出して、♂の子は残留の予定。
 (二羽とも♂だったら、考え直す!)

 こいつらだけ写真が遅くなったのは、羽を親に毟られ丸裸にされた子がいたから。
 (見慣れない方は、何だこりゃ!?と思うでしょ)
20 Nov

意地の“業務用”。

 この秋は、育っているオカメインコの雛があまりに多いので‥、ついにケイティー・エグザクトの業務用(2.2kgくらい)を導入してしまった
 だって、一日に 200g以上溶けていくので、普通の 510g缶では“アッ”(ホンマにアッや)と言う間に無くなっちゃうのだ。

 そろそろ育っている子たちは飛行を開始しだしたので、挿餌消費量のピークは通り越したと思われるが、それでも、まだ減るもんね。

 量が量なので、あまったらどうしよう?との不安もあるけれど、瞬く間にひと缶消費する心臓の悪さに比べれば、まだ気楽なモノ。

 逆に四袋購入した業務用が、今シーズン持つのかの方が不安だったり。
15 Nov

リクエストにお応えしまーした。

 えー、コメント欄にオカメインコの雛が入っているケースの写真アップを希望される方がいらっしゃったので、大半の子の写真を上げます。
 ケース内での写真を撮ろうとしたのだけれど、みんなよじ登ってきて勝手に飛びだしちまうので、動きにくいボールを使用。
 さて、一枚の写真に何羽いるかわかるかな??

1ea44c4c.jpg
 こちらが、比較的早く大きくなった子たち。





59a6138e.jpg
 こちらが、第二陣ですな。
 ノーマルは、♂確実。
8 Nov

巣箱一斉撤去。

 孵化した雛たちは昨日全て巣箱から出したので、遅れて産卵,無精卵だけれど卵を抱いた気になっているペアいくつかを除き、オカメインコのケージから巣箱を一斉撤去。
 涼しくなってきていると思うのだけれど、肉体労働をすると、まだ汗をかく。

 孵った雛の数はン羽(まだナイショ)。
 ♂確定のノーマルもいます、今回は。
 他に、パール(♀)とか,シナモンパール(♀)とか,シナモンパールパイド(♀)とか,パイド(?)とか,パールパイド(?)とか,ホワイトフェイスパイド(?)とか,ホワイトフェイスパールパイド(?)とか。

 このうち、シナモンパールパイドとホワイトフェイスパールパイドは、残留決定
 ウチの主流派と違う血筋であるとか、そんな理由で。

 しかし、挿餌に時間がかかる。
 何とかしてくれぃ (^^;)
3 Nov

只今、プラケースの中が混雑しております‥。

 今日も何羽かオカメインコの雛を巣箱から出したため、プラケースが大混雑。

 保温用ヒーターの数の関係(と言うか、置き場所≒我が家の床面積の関係)で、現在プラケースは二個使用。
 ぢつは三個あるのだけれど、三個目も満員になる予定があるため、雛の皆様に我慢していただいておりやす。

 人口密度が高いので、プラケースに敷くキッチンペーパーはキチンと交換しなければすぐに糞だらけに。
 手入れをサボるわけに行きません。

 それと、雛の数があまりに多い(多分、一回の繁殖では最多)ため、個々の雛の顔(背中も模様も含め)が覚えられない。
 挿餌のたびに、足輪の番号を見て確認している状態。

 しかも、足輪はすぐに糞まみれになるし orz


 今季は軽い気持ちでやった繁殖だったのだが、こんなことになるとは。
2 Nov

挿餌中の雛の数が‥。

 増えたw

 今日、四羽プラスされて、計八羽。
 ちょっと多くて、手慣れていなければ挿餌にうんと時間がかかる感じ。

 ‥というか、勝手に飛ぶようになったら、どうなるんだろう?
 ものすごく、挿餌に時間を取られそうな気がする。

 朝に一時間,晩に一時間とか?

 だって、まだ巣箱の中にいる雛がふがふが。
記事検索
Recent Comments
Archives
アクセスカウント

ジオターゲティング
page rank
ページランク
twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ