okamejpn

絶対オカメインコ主義っ!(旧:片福面八目亭ブログPLUS)

オカメインコ関係の話題などを淡々と書いていきます。過度な期待はしないで下さい。

オカメインコの繁殖

25 Sep

昨日、巣箱を入れました

オカメの巣箱乾燥中。。。
この三連休には何とか準備を整えられるでしょうと油断していたら、そんなことはなく、巣箱を洗えたのが月曜午後。
当然のごとく、その日中には巣箱は乾くはずもなく、巣箱投入は平日の夕刻にずれ込みました(恥

まだ30℃を越える日が続きますが、そろそろ後ろがギリギリなかんじですし、もう流石に気温も下がるだろうと読んでいます。

ペアの構成は、春と同じです。
繁殖はオカメインコがすることですので、同じ子が生まれるかどうかは??ですが。

ペアが全て同じなのは、決して考えることをサボったのではありませんョ。
この秋までは、もとより同じペアで行く算段でしたので。
27 Jul

Comming soon...

挿し餌中の丘メインん小シナモンなど
このとてつもなく暑い中、まだ挿し餌が続いております。。。

間もなく一人餌になるかも?というオカメインコもいるのですが、里親様募集をさらに二度に分けるべきか検討中です。
写真のシナモンとホワイトフェイスドミナントシルバーシングルファクターパイド(不人気品種)は、後の募集になると思いますが、出せるよう、健康に気をつけて育てたいと、強く思っています。

今年里親様募集した四羽のうち、シナモンパイドの三羽はお迎えいただきました。
ホワイトフェイスシナモンパール(雌)は、引き続き募集しております。
よろしくお願いします。
オカメインコ2013年のひな4号

日曜日に、オカメインコ部屋の蛍光灯が故障しまして、急遽交換となりました。
オカメインコ部屋は、点灯時間が長いためか、機器の痛みが早いです。
三, 四年で交換しています。
人間の方は、10年以上同じシーリングライトを使っているのに!(笑

7 Jun

風邪をひいておりました(現在の繁殖状況2013年春#6)

キヤノンはお金持ってるなあ
このところ、季節の変わり目に弱く、また、熱を出してしまいました。
半年ごとに、風邪をひいていますねえ。
しかも、まだ残っています。喉が、イガイガ。
そんなつらい中でも挿し餌はこなし、もう一人餌かも?というところまで、来てしまいました(笑
Ustreamをやるならば、先週が美味しかったと思うのです(残念)。
余裕があれば、明日明後日くらいはトライしてみようと思います。

それと、第二弾の雛が一羽だけ孵っていまして、ホワイトフェイスシナモンパールとなっています。
まだ、ほぼ肉の塊です。
第一弾を孵したペアの「二回目」は、ない感じでして、この春はこれで打ち止めかもしれません。

写真は、梅田のキヤノンさん。
お金がある会社は、カメラだけで3人も契約しているのですねえ。
我がPENTAXは、向井理クンひとりで対抗です ^^;

カメラ:Panasonic DMC-GF3
レンズ:LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.
17 May

現在の繁殖状況2013年春#5

天神橋からOBPを臨む
月曜日から、残りの2羽も挿し餌を始めました。
ほぼ順調でして、全員、既に体重100g以上(満腹時)、ぷにぷにしています。

親鳥に体の部分の羽を毟られてしまっているため、まだ判断しかねるのですが、パイドはパイドでも、皆、残念な(ライトな)パイドになりそうな予感がいたします。。。

他のペアで、第二弾の卵を抱いている鳥たちは、まだ検卵をしていません。
有精卵かは、この週末の「お楽しみ」ということで、ひとつ。

カメラ:PENTAX K200D
レンズ:Super-Multi-Coated TAKUMAR 85mm F1.8
6 May

思っていたよりデカくなってた!(現在の繁殖状況2013年春#4)

オカメインコ2013年春雛1
ブログ用に写真を撮影しようと、三兄弟がいる巣箱へ手を突っ込みましたところ、存外に重い (^^;
手に「ぷにぷに」と肉がまとわりつくような感触があります。
体重を量ってみたところ、一番重い仔で54g。
明日くらいには、挿し餌への移行を検討する時期になってました。
油断していました。
写真撮る気がなければ、放置しているところでした!(適当)

他のペアは、二回目の産卵が終わったところです。
(まだ、産卵していないペアもいます)
これらはどうなのか?来週末くらいには、検卵しても良いでしょう...

続きを見ますと、更に恐竜っぽい雛画像があります。
心構えがある方のみ、どーぞ。

カメラ:PENTAX K-30
レンズ:SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
(次のページ含む)
続きを読む »
3 May

現在の繁殖状況2013年春#3

おしどり夫婦(土鳩です)
唯一有精卵がとれたペアですが、計3羽孵化しました。
残念ながら孵らなかった子たちには気の毒ですが、初めての繁殖で,初めての産卵です。
両親のキャパシティーから見て、この数が丁度いいかな?と思っています。

抱卵時には卵にに全く興味を示さなかったこのペアの雄も、今は餌やりには協力してくれていますから、揃って育ってくれるものと、期待しています。

一方で、初回無精卵に終わったペアたちは、第二弾の産卵が始まっておりまして、これがどうなるかは、また、神のみぞ知るセカイであります。
直感的に、全部無精卵に終わりそうな予感があるのですが!

ちょっと、気温が引き続き低いのも影響があるのかなあ?と、疑ったりしていますが、特に根拠はありません。。。

写真は、中之島公園の土鳩(おしどり夫婦風味)。
カメラ:PENTAX K200D
レンズ:Super-Multi-Coated TAKUMAR 135mm F2.5
28 Apr

現在の繁殖状況2013年春#2

大阪造幣局の通り抜け
絶賛孵化ちゅう!でありますが、1羽孵り損なって (T^T) 残りを抱卵してくれるか、という感じなっております。
ちょっと、親が卵を抱くのに飽きてきてるかも知れません。
前回書きましたとおり、通常より一週間余計に抱いていますから、本能的に「諦めスイッチ」が入ってしまってるのかも?と推測したりしています。
それでも、初めての抱卵で2羽孵してはいますので、上々ではありますが!

欲を言えば、もう一つくらいは、頑張って欲しいところ。
それ以上は、初めてではきっと育てきらないでしょうし、ね。

写真は、大阪造幣局桜の通り抜け、PENTAX K200D + SMC Takumar 50mm F1.4 のレトロな組み合わせで撮影。
縮小するとわかりにくいですが、このような情報量の多い写真では、情報量が足りないかも?
単焦点は、難しいです。
スナップ写真も苦手ですし。
中の人は、最近このような行為(レトロなデジタル一眼レフカメラ+レトロレンズ)に興味を持っているのですけれど、このシチュエーションは向かなかったかも。
25 Apr

現在の繁殖状況2013年春#1

オカメインコ雛シナモンパールパイド(イエローフェイス!)
25個卵を産みまして、5個が有精卵でした。
ひとつのペアで5個有精卵となっていまして、全部抱いていてくれていはしますものの、何と今年はじめてペアを組んだオカメインコ同士ですので、雛が孵化するとは限らない、微妙な状況です。
また、雛が孵ったとして、育ててくれるかどうか??

飼い主の不安をよそに、実は抱卵25日目です。
通常なら「もう孵化しない」と諦めるところですが、今年は、この中間気温が下がっていましたから、まだ、孵化が遅れている目はあるかな?と望みを繋いでいます。

で。
なぜこの写真(ドミナントイエローフェイスシナモンパールパイド)が選ばれているかと申しますと、雛が孵るとたぶんドミナントイエローフェイスシナモンパイドに、全部なるハズなのです。
もしかすると、今回雛が孵化すると、育った全羽が我が家に残留かも?
取らぬ狸の皮算用ですね。
13 Apr

オカメインコが反応できないほどの、地震の揺れ

ハリー・ポッターのアトラクションが2014年USJに登場
今朝の地震、当地では震度4。
それよりイヤな感じがしたのは、揺れの大小は横に置いておきまして、揺れ方が阪神淡路大震災とそっくりだったことですね。
ですから、携帯の緊急地震警報でたたき起こされた後、「これ以上、大きくならないか」中の人は不安でたまりませんでした。

多少の地震ではピーピー鳴く我が家のオカメインコたちですも、この揺れの大きさに反応できず ^^;
揺れが収まっても、沈黙を保ち続けました。
んで、鳥部屋をのぞいてみると、皆さんトサカが総立ち!
いやあ、ビビッたのですね。
みんな小心者ですね。
小心すぎて、地震後も、散乱したペアたちは平常通り卵は抱いています。
有精卵かは、まだ未確認ですけれど。

写真は、今日私用で行った桜島線の写真でございます。
来年、USJにハリー・ポッターのアトラクションができるそうです。
皆様、大阪に来てネ!(宣伝
4 Apr

梅は撮れたが、桜は?/産卵不調?

梅(黒田)
関東地方より遅れ気味に咲いている、当地の梅と桜。
梅の写真は、ギリギリ滑り込み万博公園でGETして来ましたが、桜は先週がチャンスだったようでして、ちょっと無理っぽいです。
北の方へいけば今週末でも間に合いそうなのですが、雨の天気予報で何とも。
今週は仕事が忙しく、有給休暇がとれなかったのも、運が悪かったですね orz

オカメインコの繁殖の方は、昨日までに16個産卵(どや!)。
と申しましても、確実に孵化させてくれそうなペアは1個しか卵を産んでくれていないなど、波乱の予感を漂わせております。
ええ、昨年秋も孵化した数が少なかったですから、少々のことでは落ち込みませんが、今年の春は最後の輸送可能な里親様募集ができるシーズンとなりますので、何とかしたいなぁ、との思いはあります。

頑張るのは、オカメインコなんですけれどね!
記事検索
Recent Comments
Archives
アクセスカウント

ジオターゲティング
page rank
ページランク
twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ